ニックネームnothinggg
性別 女性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年12月17日(木) 18時38分

工具

工業用ゴム製品を作るケース、天然ゴムや合成ゴムは欠かす事ができません。

フッ素ゴムも名高いで、溶剤に対する抵抗力にも優れているだけでなく、耐オゾン性ゴムなので電気の絶縁力についても優秀です。

合成ゴムは、名前の通り石油の化学製品の原料を合成して作られたゴムで、天然ゴムよりも若干多く流通しています。

他の合成ゴムとしては、クロロプレンゴムも挙げられます。

熱にそれに対し強く、均質で同一クオリティの商品が作りやすいのがメリットで、タイヤ、ホース、パッキング材などに広く使われています。

中でもよく知られているのが、スチレン・ブタジエンゴム(SBR)と呼ばれるものです。

化学的に製造されたゴムなので、原料の配合次第で無数の組成を持つ諸々なゴムができあがります。

このように、合成ゴムは製造過程上で各々が各々の特性を有していて、様々な場で活用されています。

老化しにくく燃性にも優れていて、酸性薬品以外の薬品に強いという特性もあり、自動車部品やケーブルなどの工業用製品のほか、濡れスーツの素材にも用いられます。

カムロック
この記事へのトラックバックURL
https://nothinggg.prtls.jp/tb/d_33b9e26127e4c11b
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2021 年 4 月
23
4567810
11121314151617
18192021222324
252627282930